2015年07月31日

東京オリンピックのエンブレムは、完全にパクリですね。

ちょっと前に、2020年東京オリンピックのエンブレムのデザインが発表されました。このデザインをパッと見て私自身、それ程の独創性は感じませんでした。で、とうとう出てきました。ベルギーの劇場エンブレムのデザインと酷似しているということでした。なるほど。もちろん、デザインその物は違います。そっくりそのまま、なんてのはありませんからね。でも、はっきり言って、このベルギーエンブレムのデザインからアイデアをパクッたのは明かです。誰が見ても、似ている、という印象を持つことでしょう。そもそもデザインってのは、独創性がなければなりませんから。東京都知事のまきぞえさんは、似ていると言えば似ている、なんて曖昧なことをおっしゃっていますが、そっくりそのままではありませんが、アイデアをパクったのは間違いないですね。でもね、パクリデザインを発表した東京オリンピックのエンブレムのデザイナーは、どのようにこれを閃いて図案化して制作したのでしょうね。しかし、これをこのまま採用したのでは、日本の大いなる恥です。末代まで恥ずかしい思いをするパクリデザインとして、中国や韓国のパクリ屋さんにも劣る行為です。とっとと考えを切り替えて、もういちどデザインの仕切り直しをすればいいじゃないですか。国立競技場のようにね。やはり日本のデザインは先進世界からは後れを取っています。審査員の方々も世界を見渡してはいないのでしょう。とにかく、もっと斬新で独創的なデザインを、東京オリンピックのエンブレムに期待しますから。とっとと今のデザインは取り消しましょう。承認されたから許せる、のではないのです。デザインは感性の世界です。その良さを感じるものですから。世界から大恥を書かないウチに、やり直しましょう。
posted by かるくん at 16:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: