2015年07月28日

調布飛行場は直ちに閉鎖、撤去しなさい。

そりゃ〜昔は、飛行場の周りには何にもなかったでしょうけど、今は周りにびっしりと住宅地が広がっていますよね。そんな中で、とうとう住宅地に離陸したばかりの飛行機が機体の不調によって墜落してしまいました。操縦士たちの他、住宅地の住民まで無残にも焼き殺してしまったのですね。さらに犬たちも巻き込まれたようですね。もう住宅地の真ん中に飛行場なんて、時代に合いませんよ。もし飛行機が墜落したら、必ず誰かを巻き込みます。住宅地に死人が出ます。そしてとうとう事故は起こりました。飛行機は落ちるものです。こんな事故を二度と起こさないためにも、調布飛行場はそっこく閉鎖撤去しなさい。ところで関西にも人口密集地をかすめて着陸する危なっかしい飛行場がありますね。伊丹空港です。私も初めて伊丹着の飛行機に乗ったときは、こんなところに着陸するんだと感心しました。で、あるとき、新大阪駅で轟音がするので上を見上げると、なんとそんな飛行機が新大阪駅のほぼ上を通過しながら着陸するんですね。もし、トラブルで着陸に失敗したら、それこそ調布の被害どころじゃないですよね。だから危なっかしいところを飛ばせるような飛行場は時代に合いませんって。大事故が起きる前に、伊丹空港も閉鎖して撤去した方がいいと思いますよ。普天間基地もそうでしょうけど、相手がアメリカ軍ですからね。戦争に負けちゃったから占領されちゃって、しょうがないんですよ。
posted by かるくん at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。