2015年02月26日

いい試みです。県立高校の有名大学合格者に100万円支給。

鹿児島県伊佐市にある県立大口高校に入学者を集めるために、「難関大学の合格者には100万円の奨励金を支給する」と奨励金制度を決めたらしいですね。で、これに対して、「お金で釣る教育は間違い」などと批判的な声が殺到していると聞きます。一体、何をお馬鹿なことを言っているのですが。今の大学教育自体が、勉強意欲も教育レベルも低いのにお金だけをいっぱい持っている学生を釣り上げているのが、今の大学じゃありませんか。大学で中学校レベルの講義を行っている、という情けないレベルの教育環境にあるところも多いと聞きます。ただでさえ大学進学はお金がかかります。国立大学だって、初年度の納入金は80万円ちょっと必要じゃないですが。生活費などを考えたら、100万円でも安いくらいです。日本の有名大学は、儲けすぎなのですよ。お金で勉強意欲に目覚めるのなら、こんなに素晴らしいことはありません。そのおかげで、素晴らしい大学に入学して、しっかりと勉強して、素晴らしい研究と出会って、素晴らしい発明をして、しっかり特許を取って、人の暮らしに役に立つ発明商品がバンバン売れたら、めでたしめでたしじゃありませんか。そんなノーベル賞受賞者を旨く利用して、大儲けした四国の企業がありましたねえ。
posted by かるくん at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: