2011年12月11日

ユニクロの大学1年生採用。

unic1210.jpg

ユニクロが、大学1年生の時点で採用を決め、在学中は店舗でアルバイトをしてもらい、卒業と同時に店長になってもらう、そんな採用方法を始めるそうですね。ここで思うのは、ユニクロってそんなに魅力的な会社なんでしょうか、ということです。だって、ユニクロって、メイドイン・チャイナのウエアを、国内の自社専門店で売っている会社、っていうだけでしょ。確かに最近はコマーシャルをよく見かけますが。私も何度かユニクロには行きました。確かにディスプレイとかは上手になって、毎年毎年、垢抜けてはきています。でも、商品のグレードがそんなに上がっているわけでないし、私にとってほしいと思うような商品はありませんね。

おっと、話を元に戻して、ですね。就職がユニクロ。ユニクロは衣料の製造を企画して、自社専門店で販売するお店です。はっきりいって、大学生になって、勉強をし始めると共に、いきなりユニクロに就職することを決意するって、あまりにも夢がないと思いませんか。ユニクロだって、そんな社員を雇いたいのだったら、ユニクロ大学かユニクロ専門学校でも設立すればいいと思うのです。中学、高校と、親が買い与えるユニクロファッションに包まれて育って、大学に入ったら就職がユニクロだって。なんだか、夢がないですねえ。まるで、就職難を逆手にとって、入社予定の新入社員をしっかりと4年間、鎖で繋ぎ止めるつもりでしょうか。やっぱり、ユニクロってその程度なんですよ。ああ、ユニクロか、ってね。
posted by かるくん at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。