2015年12月09日

食品の軽減税率って、必要ないと思いますけど。

あと1年と3カ月ほどで、消費税率が8%から10%に上がりますよね。私はただそれだけのことだと思っていたんですが、国会議員は違うのですね。駆け引きというか、なんとか国民に存在感をアピールしようとしているというか。そう。自民党と公明党で、食品に対して軽減税率を適用しようとする動きがあるみたいで、それを実際に適用しようとするのだから驚きです。なんで公明党は軽減税率に熱心なのでしょうか。そして、なんで自民党はそんな公明党の要求に振り回されているのでしょうか。はっきり言って軽減税率は、めんどくさいですよ。私自身、消費税の10%はしょうがないか。でも10%だから計算しやすいよね、的な軽い考えでいましたが、食品に関してだけ、いろいろな思惑だあるんですね。たとえばお酒は、軽減税率適用外になっていますが、お酒の原材料は、お米や、麦、サツマイモなどなどで、それぞれの流通過程での取引税率はどうするのでしょうか。だからそんなに複雑なことにしないで、何もかにも消費税10%にすれば良いだけのことです。しかし、自民党もいつまで公明党に振り回されているのでしょうか。情けないですね。持つもの、持たざるものの格差も、ますます広がっています。やっぱり政治の方向が、ちょっとおかしいようです。そんな政権を選択したのは、私も含めた皆さんですからね。困ったものです。
posted by かるくん at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

コンビニのセブンイレブンの「ブラック企業大賞」は当然でしょう。

私のディーちゃんが言っていましたが、セブンって、パートやアルバイトにも結構な売り上げのノルマがあるそうですよ。たとえば、もうすぐクリスマスとお正月です。すると、セブンではクリスマスケーキの予約や、おせち料理の予約も承っているようですね。私は、セブンなんかでケーキやお節を買う気は全くないのですけど、地方に行くと。たとえば、スーパーとかがない地域だと、コンビニを利用せざるを得なくなって、そのコンビニのノルマ攻勢がとっても激しいらしいのです。ま、田舎だと付き合いも大事らしくって、しぶしぶコンビニに注文せざるを得ないことがあると聞きます。大変ですね。だから、私のディーちゃんは学生時代に二度とコンビニではアルバイトをしなかったようです。確かに、コンビニは支払いや、注文など便利になりました。しかし、その分だけ、中で働く人に大きなしわ寄せが掛かっているのでしょうね。だから、コンビニで一番収益を出しているセブンは「ブラック企業大賞」に選ばれて当然でしょう。たまーにコンビニを利用する私が思うのですが、コンビニって24時間営業する必要があるのでしょうか。それこそ朝のセブンから、夜のイレブンまでで良いと思うのですが。どうせ先夜のコンビニって、ご近所の悪ガキたちのたまり場になっているだけなのですから。
posted by かるくん at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。