2015年10月08日

当然、巨人ジャイアンツは、CS出場を辞退すべきです。

そうですか、巨人の選手が野球賭博に手を出していたんですね。この報道を聞いて、ナベツネさんは当の選手にどんな思いを抱いたのでしょうか。その事実をもみ消してやれなくって残念だったと思っているのでしょうか。とんでもないことをしでかしたものだ。即刻、野球界から永久追放の処分にしなければならない。それとも、知るもんか。おまえたちが勝手に判断せいよ。などと。で、噂に聞けば、巨人はCSに出場して、阪神を迎え撃つそうですね。巨人は、なんて自分自身に甘、甘い、大甘の判断を下すのでしょうか。呆れてものが言えません。まだ、巨人なくしては、日本野球界が立ちゆくものか、などと驕り高ぶっているのでしょう。日本の恥ですね。オリンピック競技からは、これも辞退しましょうね。あまりにもみっともないですから。それもこれも、巨人軍監督の原さんの1億円脅し取られ事件が背景にあるのでしょう。いくら不遜な輩と関わっても、巨人軍の力を持ってすれば、そんな事件くらい有耶無耶にできるのだ、という奢りですね。ねえ、この際、巨人軍を解体すればいいのではないでしょうか。ついでにセリーグとパリーグも、再編しましょうよ。さらには、地方の球団も、セリーグとパリーグに2球団ずつ増やして、セパ8チームずつ、それぞれが東西に分けて、ペナント争いをすればいいんですよ。もうテレビ視聴率に期待できない巨人は、球界に必要ないですよ。新しい球団を迎え入れて、その球団を持つ地方を盛り上げましょうよ。そんな地方創世の転機にすれば良いじゃないですか。災い転じて福となす。変えなければ、新しいことは始まりませんよ。現状維持は、さび付いて、ただただ朽ちるだけだと思いますよ。巨人なんて、潰れてしまいなさい。昔は応援していたのに。もう遙かに遠い、昔話になってしまいました。
posted by かるくん at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

山梨大学と埼玉大学。ノーベル賞受賞者は、またも国立大卒でした。

大村智さん、梶田隆章さん、ノーベル賞受賞おめでとうございます。また日本は歓喜にわいています。とっても明るいニュースを私たちに投げかけてくれました。で、大村さんも梶田さんも、出身大学は、メジャーじゃないけれど、国立大学だったのですね。今の文部科学省は、旧帝大を中心とした国立大学や、過剰に学生を受け入れる有名私立大学ばかりに力を入れますが、どっこい地方の国立大学だって、優秀な卒業生は多いんですよ〜、という証明になりますね。それに、近頃のどこの大学も、就職ばかりに力を入れて、挙げ句の果てに、文科省は地方国立大学のマイナーな学部は統廃合せよとかおっしゃっています。そんな大学を出たおばさんの私には、聞き捨てならない言葉ですよ。だいたい今の国立大学は、授業料を値上げしすぎなんですよ。東京大学と宮崎大学の授業料が同じだなんて、ちょっとおかしいと思いませんか。地方ならばこそ、もっともっと学費を安くして苦学生を優遇すべきだと思いますけど。私の頃は、年間の授業料が3万6000円でしたから。それでも、その数年前より、なんと3倍に値上がったのですよ。全く許せません。ま、そんなわけで、いつになったら日本の私立大学卒業生の中からノーベル賞受賞者が出てくるのでしょうか。早稲田大学を出たオボカタさんが私立大学一番手の候補でしょうか。未来永劫出るもんかと、あざ笑っている私がいるんですけど。わっはっは。
posted by かるくん at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

公立図書館は、老人居眠りの場所、なんですねえ。

区立の図書館は静かで、そんなに訪れる人もなく、ロビーやら、閲覧のためのテーブルを見ると、お年を召した男性がうつらうつらといねむりをしています。何かを読みたいわけでもなく、何かを調べたいわけでもなく、ただただ図書館に来て時間をつぶす、だけなんでしょうね。どうして自宅でくつろがれないのでしょうか。そうか、奥様ですね。奥様に、きっと邪険にされているのでしょう。そうなんです。中高年を過ぎても男性は、外で働いているのが常識だったのです。ほら、言うでしょう。「亭主元気で、留守がいい」と。自宅をひとりじめしていた奥様方は、時々はそんな奥様方と連れだってのお出掛けランチもありますが、大抵はソファーにねっころがってワイドショーやら、韓流とかドラマの再放送を、お菓子を食べながらむさぼり見ている。そんな日常を壊されたくありませんよね。定年を迎えて自宅に居座る亭主が、どれほどじゃまなことなのか、奥様連中とお話しすれば話題はこのことばかりです。なので、亭主はお金のかからない図書館にでも出掛けるしかないのですねえ。そんな図書館も、もっともっとの賑わいや稼働率を求めて、自治体は運営をツタヤに任せたりして、賑わっていそうですね。こうなれば、家を追い出された老人亭主は行き場を失うことでしょう。今のままでいいんですよ。図書館はそんな行き場のない老人亭主を、やんわりと受け入れてください。いねむりしていても、起こさないでください。
posted by かるくん at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。