2015年03月05日

少年法の適用を、18歳未満に引き下げなさい。

川崎市の中学一年生の少年が、殺されたことは今や日本人なら誰もがご存知のことでしょう。なによりも加害者となった18歳男子の親の言動が気になりましたよ、私は。最初は、その時間帯に息子は家にいた、などと白々しいことを言い、18歳男子が犯罪の自供をはじめると、まるで他人事のようなコメントをマスコミに発表しましたよね。ところで、この18歳男子の顔写真や氏名、自宅写真がネット上にさらけ出されています。もちろん、私も確認しました。それをマスコミはリンチだ騒ぎ、あおっています。そりゃ〜、今の少年法が20歳未満に適用なら、氏名や顔写真を後悔することは法律には違反することになります。確かにそうですが、あまりにもこの18歳男子は残忍ですよね。本当に人間ですか?今、自民党の内部にも、少年法を改正して、適用年代を18歳未満に下げようという動きがあります。私は大歓迎です。選挙権を与えるだけでなく、しっかりと自覚を持ってほしいからです。ちょっと前の、お馬鹿な民主党政権でさえ、殺人など凶悪事件の時効撤廃を実現しました。ウソつき民主党ですが、これは大いに評価ですか。さて、今の自民党ですが、少年法の適用引き下げくらいの、世の中に役立つことを実行したらどうですか。最近の18歳、19歳は、少年法を傘にして、より凶悪な犯罪を犯す傾向にあります。日本を安全な国にするために、少年法の改正をお願いしますよ。殺された中学一年生は、永遠の闇に閉じこめられ、もう二度と日の目を見ることはありません。いずれ皆さんは忘れてしまうでしょう。しかし、18歳男子はのうのうと生きながらえることでしょう。反省しても、罪を償っても、中学一年生は生き返らないのですから。自民党さん、少年法の改正をお願いしますね。
posted by かるくん at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。